「錬星舎の仕事18 緑陰硝子考」  @ 星ヶ丘アートビレッジ 



思えばずいぶんガラス吹きをしている。

ガラスの炉の周り半径2Mほどをガラスがくっついた

棹持ってバタバタと小走りして38年間。

溶岩のような状態のガラスはそのままで展示したい程

美しいものではあるが、素性としては「かたちになる」

なんて明らかに嫌ってるとしか思えず、それをなだめ

すかしつ、コップや花瓶のようなものに仕上げる。

熔けたガラス側からみれば、上手いのだの美しいだの、

つくづくあっち、ヒトの世界のはなしだよと思ってる

にちがいない。

素材と作品「よき仲立ち」を心がけるのは作家です。

暑い日には気温40度を超える仕事場で出来たものが

「あら、涼しそう」などとお客さんに言われれば、

そのギャップに フフッとなる。

ご覧いただければ幸いです。


●7月24日(土)〜8月9日(月)会期中無休 10:00-18:00 

「錬星舎の仕事18 緑陰硝子考」

 @ 星ヶ丘アートビレッジ

 高知県高知市横内153-1 http://hoshigaoka-art.at.webry.info/

Archive
Search By Tags
まだタグはありません。